個性的なサーファーが集まる町「バイロンベイ」

オーストラリア最東端、バイロンベイには面白い人たちがたくさん集まります。
今では年間100万人以上の観光客が訪れる人気の町です。
世界中からワーキングホリデーや学生で訪れる人も多いのですが、小さな町なので仕事を見つけるのが困難。
そんな中、手に職をつけ現地で暮らしながら、バイロンベイでサーフィンライフを楽しむ日本人がいます。

YuichiroNakama
バイロンベイのブランドTHRILLS COにて、モーターサイクルメカニックとして活躍しています。

同年代で、当時はよく一緒にサーフィンをしていました。
今でも現地を訪れた際はコンタクトをとり、一緒に海に入ったり飲みに行ったり。

左:Me、中央:ShinjiMizuno、奥:YuichiroNakama(2013年頃バイロンベイにて)

ShinjiMizuno(現在はニュージーランド在住)
バイロンベイで暮らした後、ニュージーランドで永住権を取得。現在はマウントマンガヌイという街でバリスタ兼ライターとして、現地の仲間とクレイジーな日々を送っています→Shinji_dog

左:ShinjiMizuno、右:Me


左:ShinjiMizuno、右YuichiroNakama、Photo by ShoKawai

MasamiYaguchi
バイロンベイのサーフボードブランドESP Surfboardsにて、日本人唯一のシェイパーとして所属。一緒に仕事していたこともあり、多くの事を学びました。

最左:Me、上段右から二番目:MasamiYaguchi
(2011年頃、サーフィンスクールのコーチメンバーと)

移住した経緯など、バイロンベイの暮らしと共に紹介されています↓

KeitaIkawa
シンガーソングライター兼フィルムメイカーとして活躍するクリエイター。
歌もサーフィンもファッションも正にバイロンベイスタイル。
上の動画「ONE REVOLUTION」はKeita氏の作品でもあります。


左:KeitaIkawa、右:Me(2012年頃、バイロンベイThePassにて)

KeitaIkawa氏の作品↓

サーファーなら一度は訪れるべき町「バイロンベイ」
今年もまた、サーファーのためのお祭りが迫ってきています・・
Byron bay surf festival



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です