旅のパッキングリスト#5「圧縮袋 -Bon Voyage-」

職業柄、海外渡航の際は撮影機材でスーツケースの半分以上が埋まってしまいます。
カメラ三脚、ウォーターハウジング、ドローン、フィンやマスク(素潜り用)など。

三脚をJOBYゴリラポッドにして、水中はGoproのみ、ドローンはMavicAirにするなどダウングレードすれば、スーツケースも必要なくなるのですが、撮影環境によっては少し不安が残るので今は重い機材を持ち込んでいます。

スーツケースの残りのスペースに衣類をまとめるのですが、渡航先によっては夏服と冬服の両方が必要になります。
ハワイ島の場合、午前は素潜りでイルカを撮影し、午後は極寒の山でサンセットから星空の観測。
ブッシュキャンプでは、日中は30度を超える猛暑から夜は一桁台まで気温が下がることもあります。

Tシャツや下着類は現地で購入すれば問題ないのですが、常夏の楽園で冬服はほとんど売られていません。Walmartなどで購入できますが、その為だけに購入するのはもったいない。
普段使っているものを準備していくのが、時間的にも効率的ですし金銭面も節約になります。

冬服は嵩張るものが多いのですべて圧縮していきます。
私が愛用しているのがamazon限定の「Bon Voyage圧縮袋
ダウンジャケットやヒートテック、ネックウォーマーから厚手の手袋、水着からTシャツまですべて圧縮します。


ダウンジャケットと手袋を圧縮した状態↑

圧縮袋は、100円ショップからホームセンターの物までいろいろ試しましたが、今のところamazonのものが一番強くて使いやすい。
ダメなものは圧縮してもすぐに空気が入ってきたり、ジップするプラスチックのつまみが外れたりしますが、Bon Voyageは今まで壊れたことがありません。さすが日本製。

ちなみに、Bon Voyageとはフランス語で「よい旅を」という意味だそうです。

LサイズとMサイズがあるので、大物と小物、使用前と使用済みなどで分けて使っています。

Tシャツ4枚圧縮↓

キャンプすることもあれば、フォーマルなレストランに行くこともあるので、ワイシャツからワークパンツまで必要最低限の洋服はすべて圧縮して持ち込みます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です