夜のニューヨークをスナップショット

2017年、最もお世話になったレンズはCanon EF24-105mm F4L IS USM

なんと、このレンズ発売されたのが2005年。
何年経っても良いものはいい。
いろいろと”丁度いい”ので気にいって使ってます。

このレンズと5Dmark3で写した夜のニューヨーク












ニューヨークのようなどこで何が起こるかわからない街では、手ぶれ補正付き24-105mmは心強い。
高感度に強いボディであれば、夜のスナップ撮影も十分楽しめるレンズです。

今年もお世話になりそうです。


私が使っている型は生産終了となり、後継機のEF24-105mm F4L IS II USMが発売されています。
手ぶれ補正が改良されたり、ASC(ゴースト抑制)が採用されたり、新品を買うなら後継機一択でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です