スピナッチとチキンのココナッツミルクカレーを作りました

私の夕食の基本テーマは「あるもので作る」「20分以内に作る」。
仕事帰りにスーパーに行く気力がない、キッチンに長時間立っている体力もない、それならあるもので素早く作る。

ということで、本日は長らく放置されていたジャスミンライスとココナッツミルクでココナッツミルクカレーを作ります。

まずニンニクを一粒と・・・剥いてみたらいきなりこのサイズ。
どこかの切れ目で繋がっているのかと疑いましたが芽も一つでした。
さすがに大きすぎるので半分だけみじん切りにしてバターで炒めます。


いい香り。


玉ねぎもみじん切りにして一緒に炒めます。


タンパク質摂取強化週間なので鶏のささみ4本投入。
汁系カレーには海老を入れたいところですが、テーマはあくまでも”あるもので作る”です。


ほうれん草もたっぷり。


しんなりするまで炒めます。


スパイスの調合が面倒な時はこちらのカレーパウダーを使います。
ウコン、コリアンダー、クミン、フェンネル、シナモン、クローブ、ナツメグ、ローレル、ジンジャーなどその他諸々この中に入ってます。
タンドリーチキンをしたり、カレー風味の料理をする時に便利です。
(庶民の味方”ライフ”に売ってます)


いつも分量を計らないですが、多分大さじ2杯ぐらい。
軽く炒めます。


今回はこちらのココナッツミルクを使用。
(庶民の味方”ライフ”に売ってます)


中火〜弱火で混ぜます。


先ほど使用したカレーパウダーにガラムマサラが入ってないので追加します。


量はまたもや適当。※多すぎると粉っぽくなってしまうので気をつけます。



最後に塩胡椒で味を整えて。


ニンニクを炒めてから約20分ほどで完成です。


通常の白米でも美味しいですが、ジャスミンライスだと口に入れた瞬間に”非日常お店感”が味わえます。(ジャスミンライスが日常にない個人的な意見です)


ココナッツミルクに含まれる”中鎖脂肪酸”が脂肪燃焼にいいみたいですよ。
まぁ、運動していないと全く意味ないですけど。




6 件のコメント

  • いつも楽しく読んでいます\( ˆoˆ )/
    このレシピやってみまーす!
    ちなみに我が家はバスマティ or ジャスミンライスを常備しています!笑

    • ジャスミンライス常備は中々の強者ですね!
      私も東南アジア料理の幅を広げていきたいと思います:)

        • おっと、粉っぽかったですか?
          私もいつも適当に入れるのでたまに粉っぽくなります:o
          どうやらカレーは分量が大事みたいですね。。

          • 大さじ2という記載に、カレー粉どっさり入れた後に気づいたんです笑 ちゃんと読んでから作れば良かった!ジャスミンライスにもチャレンジしてみます〜

          • そういうことですね、どっさりは・・・ダメです!失敗したらパスタソースなどに応用できそうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です