DAY4 “Diamond Head Camping Ground”「シドニー〜バイロンベイ約800kmの旅」

地面が柔らかい土で良い寝心地でした。
テント泊では地面の硬さはかなり重要。
マットがあっても地面が固すぎると、途中で目覚めたり疲れが取れにくかったりします。
エアーマットはテント泊では必須アイテムでしょう。


朝は試しに買ってみたcolesブランドのオーガニックコーヒー。
グラインダーがなかったので、グラインドされているものを購入。

colesとはオーストラリアの大手スーパー。
ライバルにWoolworthsってのがあり、Coles派とWoolworths派に分かれます。

今回の旅ではiwataniのコンパクトガスバーナーが活躍しました。
現地でガスボンベだけ買えば、いつでも火が使えます。


カンガルーと朝の至福に一杯。
そう、こちらのキャンプ場にはカンガルーが暮らしています。

人を恐れない野生のカンガルーがたくさんいます。
普通は近寄ると逃げてしまいますが。

カンガルーは時間をかけて朝食(草)をとるようです。
子カンガルーも朝食の時は母カンガルーの袋から飛び出てきます。

学校から来ていた子どもたちは朝からサーフィンレッスンのようです。

巨大サーフボードが楽しそうでした。

小さい子どもたちは、自転車で山のデコボコやビーチを爆走するのが楽しいようです。
よその子供達とも自然と仲良くなってたりします。
バランス感覚やコミュニケーション能力も養えて、ゲームしたりスマートフォン触らせてるよりよっぽどいいでしょう。
両親はサーフィンしたり、釣りしたり、料理したり、良い休日の過ごし方です。

動物や子どもたちも多く、賑やかで楽しいキャンプ場。
トイレやシャワーも使えて、キャンプ初心者やファミリーにおすすめです。

つづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です