海外旅行はある意味特別なものではなくなりました

もし、たくさん旅行をしたくてもできない原因が「お金」であれば、それはすぐに解決でしょう。

昨年は、ニューヨークから大阪まで8000円、シアトルからロサンゼルスまで2000円、さらに近日控えてるフライトでは、大阪からホノルルまで18000円、大阪から那覇まで2500円で手配しました。もちろんすべて燃料サーチャージや諸経費込みです。

まず、行き先と滞在日数から、ツアーパック(宿泊+航空券)か個別手配かを判断する必要があります。
ツアーパックの場合、基本的に宿は一箇所に固定されますが、まれに「宿泊代無料同然」のようなパックもあるのでチェックしましょう。

行き先が決まったら、目的地に乗り入れてる主要な航空会社をすべて調べます。
例えばハワイ行きであれば、JAL、ANA、デルタ航空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空、エアアジア、スクートなど。
特にLCC(格安航空会社)は、定期的なセール情報をキャッチできるようメール会員になっておきます。
直行便が高すぎる場合、LCCの組み合わせで経由していく手もあります。

初めて利用する航空会社は必ずマイレージ登録を行いましょう。
次回の旅でマイルが役立つ時があります。

宿の手配も今や比較サイトで最安値を調べやすくなりました。
トリバゴやトラベルコ、エクスペディアからagodaまで、ネット上は比較サイトで溢れかえっています。
今はどのサイトを経由してもそこまで大きな差はありません。
airbnbや野宿(キャンプ)という選択肢も加えれば、宿泊費は安く抑えれるでしょう。

今や宮古島とハワイの旅行代金が変わらない時代です。
余計な出費を抑えて賢く旅しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です