420

今年の6月に世界保健機関(WHO)による、大麻の取り扱いが書き換えられるそうです。
大麻に含まれる成分が、癌や認知症、てんかんなどの治療に効果があると科学的に判明しています。
アメリカの各州では次々と医療大麻(一部嗜好大麻)が解禁され、あらゆる企業が大麻産業に参入しています。

ガンや認知症が数千円のCBDオイルで治ったら・・
花粉症などのアレルギーが数滴のCBDオイルで治ったら・・
そんな時代がきているにもかかわらず、日本の医療大麻解禁は(今のところ)許されていません。

そりゃそうですよ。
「薬が売れなくなってしまいますから」
医者も病院も儲からなくなってしまいます。
ガン保険が売れないと保険会社が困ります。

日本のメディアは何年先も「大麻=危険ドラッグ」として情報を流すでしょう。
CBDオイルの効果が日本中に知れ渡ったら「薬が売れなくなってしいますから」
4月20日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です