六甲山頂で冷えた身体にドリップコーヒー

バイクで山に入る時は長袖が必需品ですね。曇るとこの時期でも寒い。

挽きたてのドリップコーヒーが身体に染み渡ります。
風があったので湯沸しはコンパクトバーナーを使用。

ここは車が入れない絶景スポット。人はいませんが蜂がいます。

次回は「夜景と挽きたて珈琲」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です