東京大学総合研究博物館に行ってきました。

東京大学本郷キャンパス内にある博物館です。

なんと入場料は無料。

展示量は多くありませんが、地学系や生物系の常時展示をはじめ、定期的に特別展示も行われています。

人骨や石器など。

こちらは様々な動物の骨。右の大きいのはキリン、左の大きのは象。

日本油田の原油標本。

アオザメ、ヒグマ、イノシシの脳。とネアンデルタール幼児の生体復元モデル。

そして、現在行われている特別展示は「珠玉の昆虫標本」。

東京大学総合研究博物館に収蔵されている約70万点のうち、約4万点の標本が展示されているそうです。

入り口を入ると・・・圧巻の光景です。


美しい標本の数々。



この蝶が飛んでいるところを見てみたい。


世界一大きな蛾。

上に少し見えるのが日本でよく見るサイズ、左右に見えるのが田舎のコンビニとかにいるサイズ。
比較すると大きさがわかります。




こちらは蟻の標本。親切にもルーペの貸し出しは自由です。

2011年にブータン国王から贈られた「ブータンシボリアゲハ」。


関心のない人からすると全く意味のないコレクションかもしれませんが、好きな人からしたら宝石以上に価値のある夢のような空間です。

東京大学総合研究博物館
本郷三丁目駅からすぐです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です