雨上がりの山でいただくラムチョップ。

先日、グルメヤマオカで仕入れたラムチョップを味見したく山に入りました。

トリュフとラムチョップを求めて。

2018年9月17日
湿った木々に人つけるのは根気がいる作業です。いつもより多く麻紐を使用しました。

あと煙がすごい。木々に含まれた水分が蒸発しているせいです。

久々のラムチョップ。
日本にいると食べる機会が少ないですが、オーストラリアやニュージランドではメジャーな食べ物です。

おにぎりは醤油つけて持参。

火も安定して、肉が焼けるのを待つ至福の時間。
今回のスパイスは少しの塩胡椒のみです。

焚き火でじっくり火を通すことにより余計な脂も落ち、ラム独特の臭みもなくジューシーで美味しい。フライパンで焼いたら、きっとこの旨味は引き出せない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です