フォトグラファーとカメラマンの違い、そして出張撮影。

フォトグラファー=「自分の好きな写真を撮る人(感性が重要)」
カメラマン=「お客様から依頼された写真を撮る人(技術が重要)」

昨年も”フォトグラファーとして”様々な撮影をさせていただきました。
特に初宮参りなど伝統行事の撮影は、口コミなどの影響から多数ご依頼いただき、多くのご家族とお参りをご一緒させていただきました。(お陰様で着付けから祈祷の流れなど神社での撮影を熟知しました。)

小さな手も今しかない瞬間です。

「特別な瞬間」をコンセプトに自然風景の撮影をスタートしましたが、自然だけでなく、人を撮らせていただく時も、そのコンセプトは軸にあります。

「ポートフォリオを見ました。おまかせで撮影をお願いしたい。」
そういった依頼はフォトグラファーとしてとても嬉しいことです。
自分の感性で撮影ができ、信頼を得ている証でもあります。

逆に「こんな写真は撮れますか?」とサンプルなど提示されると、撮るのは自分じゃなくてもいいのでは?と解釈するフォトグラファーさんも多いのではないでしょうか。

初宮参りに限らず、フォトグラファーとしてのご依頼があれば、どれだけ遠くてもできる限りお伺いしています。

AterierShoKawai
密かに運営している出張撮影用のウェブサイトになります。(スマートフォンでは閲覧しにくい部分がありますがご了承ください。)
ポートフォリオや口コミなど、SNSでは一切公開していないものですので、興味あれば一度覗いてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です