一眼レフを手にして初めて撮った写真がこちら。


場所はオーストラリアの東海岸に位置するNorth Burleighという街で撮った一枚です。
ちなみにカメラはCANON7DにレンズはタムロンのAF17-50mm F2.8。(設定はオート)
撮影日が2011年の2月18日となっているので、 オーストラリアに移住してから10日ほど経った頃になります。
月光が海面に映し出すムーンロード、慣れない土地で浴びる夜風が心地よく、この写真を見ると好奇心に満ち溢れてた当時のことを思い出します。毎日が出会いの連続で刺激的な日々でした。

この一枚の写真から、オーストラリアでの日常を切り撮る日々が始まり、「記念写真を撮ってほしい」「写真を売ってほしい」などの声をいただくようになりました。
当時は何気なく撮った一枚ですが、今となっては写真家へのスタート地点であり記念すべき一枚です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です