餅は餅屋、パンはパン屋。

バゲットにハマっています。

専用のスライサーも買いました。
包丁で押しつぶすように切っている人は早く手に入れましょう。


シンプルなものこそ店の腕が試される。
いつものパン屋、un peu de(アンプードゥ)は期待を裏切らない。

バゲットは専用の保存袋をつけてくれます。

こちらはパンのようなティラミス、ティラミスのようなパン。冷やしてデザート感覚で食べます。

パリパリのチョコクロワッサン。

一つ一つ丁寧に作られたパンは大量生産のものとは一味も二味も違います。
味や食感から”丁寧さ”が伝わってくるのです。

un peu de(アンプードゥ)
兵庫県神戸市東灘区森南町1-11-11

朝食はパン派。

2018年12月29日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です