牡蠣のペペロンチーノ。

牡蠣は好きでよく食べます。

昔々、加熱用の牡蠣を生で食べたらノロウィルスにやられました。
食べた翌日に高熱と嘔吐に襲われ、それはそれは辛くも新鮮な経験でした。
何せ風邪を引かない身体に育てあげられたので、久々の高熱が何とも心地よい。
もちろん病院には行かず、熱々の湯船に浸かり”うどん”を食べたら次の日に治りました。

さて、話がそれましたが、今日の昼食は牡蠣のペペロンチーノです。

たっぷりのオリーブオイルにガーリックの風味を極弱火でゆっくりと染み込ませます。
オイルを茹で汁で乳化させて牡蠣を投入しますが、安物の牡蠣なら下茹でまたは焼いたものがいいかもしれません。新鮮な牡蠣ならそのまま投入して香りを楽しみます。

三つ葉があればと思いましたが、なかったのでパクチーのせときました。
ペペロンチーノはパスタが浸るほどの汁多めが好みです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です