まず、THCとCBDの違いを理解する必要があります。

昨年、コロナビールで有名な”米国コンステレーション・ブランズ”が、カナダで大麻栽培加工する”キャノピー・グロース”の株式を約4200億円で追加取得しました。
世界を見ると、WHO(世界保健機関)は大麻有効成分の規制の見直しに向けて動き出してしています。

2019年現在、アメリカでは33の州が医療大麻を解禁しています。

カナダやアメリカの医療大麻解禁に伴い、医療用としての研究も急速に進んでいます。


アメリカやメキシコでは、医療大麻により、小児てんかんの症状が回復する例がいくつも挙げられています。

「医療大麻が病気で困っている人々を救う可能性がある」という理由で、各国が医療大麻が解禁に向かおうとしています。
しかし、日本では「医療大麻が病気で困っている人々を救う可能性がある」と、日本国民に知られると困ってしまう人々がいます。
大麻から抽出した成分で、小児てんかんやパーキンソン病、ADHDや癌までもが良くなってしまったら、抗がん剤などの薬が売れなり、製薬会社や医者が困ってしまいます。
公共の電波を使い「大麻は薬物」と国民を洗脳させる風潮は、GHQの時代から今も変わりません。

Airbnbが厳しく規制されたのも、Uberが個人で始められないのも、オーガニック野菜が普及しないのも、医療大麻が解禁しないのも全て日本の既得権益によるもの。悲しくも、それが日本の現状なのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です