カメラ機材レンタルサブスク「GooPass」を一ヶ月使ってみて。

カメラ機材を月額で入れ替え放題(レンタルし放題)できるGooPassというサービスがあります。
最近、YouTuberやクリエイターのPRの甲斐あってか、知名度が上がってきているように感じます。

サービスを開始した当初から存在は知っていましたが、今になって、私も試しに一ヶ月だけ使ってみました。
利用内容などをほとんど読まず、サブスクで出すなら1万円ぐらいまでかな〜という感覚でレベル2(10,780円税込)のプランに申し込みました。このサービスでは、レベル別にレンタルできる機材が設定されており、金額設定が9段階に分かれています。
一番上の、レベル9になると月額が87,780円(税込)と、都心の1R家賃並の価格設定になっております。
ちなみにレベル9のラインナップには、SONY a1(予定),FUJIFILM GFX100,LEICA SL2, EF800mmの単焦点レンズなど、どれも100万円近くする商品ですね。

さて、個人的に使ってみた感想ですが、購入を検討している商品(比較したい商品)がラインナップにあれば、非常に便利なサービスだと思います。
例えば、私の場合、SONY alpha用に24-70mm f2.8のレンズの購入を検討しおり、 GooPassで純正のGマスターとSIGMAを使ってみた結果、SIGMAレンズの購入に至りました。
仕事用レンズは、10万円単位の高い買い物なので、無駄な出費は防ぎたいところです。
購入前にじっくり試し撮り、さらに他のレンズと比較できる点は非常に良かった点です。

残念だった点というか、私が利用内容を読んでいなかっただけなのですが、レンタル機材を入れ替える際に、一回ずつ梱包料(1,650円税込)というのがかかります。機材を入れ替えるたびに、月額+梱包料金が必要となるわけですから、レンズを入れ替えれば入れ替えるほど、毎月の支払額が増えるわけです。定額入れ替え放題と思い込んでいる方にとって、これは落とし穴ですね。

もう一点、機材交換の流れですが、借りていた機材を返却し、GooPass会社側に到着し、クリーニングが済むと、次の機材が借りられるという仕組みになっております。
配送の関係もあるので、機材返却から新しい機材が届くまで、1.5日〜2日は手元に何もない状況になります。交換するたびに利用できない日数が増えるので、少し損した気分になりますね。

梱包料はサービスにして、常に何らかの機材が手元に残せるシステムに変更すれば、更に利用者が増えるのではと個人的に思う次第です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です